2015年05月25日

イングランド・プレミアリーグ2014-2015

このブログをご覧になったことがある方ならご存知でしょう。

僕が応援するリバプールFCが所属する、イングランド・プレミア・リーグの2014-2015シーズンが、5/24の第38節をもって終了しました。

今シーズンのハイライトは何と言っても、僕がリバプールを好きになる大きなきっかけをくれた選手、スティーブン・ジェラードの退団発表。

いてもたってもいられなくなり、現地アンフィールドでの試合観戦を敢行。

その試合は、ジェラードのPK失敗シーンや、試合終了間際のジェラードの決勝点を目の前で観られたりと、感動的で劇的な勝利をおさめました。












僕が座っていた席は、このゴール裏の2列目だったので、ゴールを決めた瞬間は大はしゃぎ。
そして得点したジェラードが、こっちに走ってきて発狂。




試合開始前のチームの応援歌の大合唱や、試合中のジェラードの応援歌の大合唱、そして試合が終わってからの感動と「終わってしまった…」という気持ち。

3度泣きました。予想はしていましたが、やっぱり泣きました。

ジェラード選手はアメリカのメジャー・リーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーというチームに移籍します。

まだ現役を引退するわけではないのですが、また何らかの形でリバプールに戻ってくるのを待ちたいと思います。


さて最終戦が終わり、今シーズンの最終順位が確定しましたが、リバプールは18勝12敗8分の6位。




優勝争いをした昨シーズンは101得点もあげたのですが、その原動力だったスアレス選手がバルセロナへ移籍し、その得点力が改善されないまま今シーズンは52得点と約半分に落ちてしまいました。

そして僕が注目するのは失点数。

昨シーズンは50失点もありましたが、攻撃力がそれを補い躍進をしたのですが、得点力が落ちてしまう今シーズンは守備力の強化がポイントだと思っていたのですが、結果的に今シーズンは48失点…

失点数は変わりなく、得点数が激減…

優勝争いをした上位のチームとは、得点数、失点数ともに大きな差が生まれてしまったシーズンでした。


リバプールのアイコンであり、精神的支柱であるキャプテン、スティーブン・ジェラードの退団により、他の選手に期待がかかる中、期待の若手であるスターリング選手の移籍騒動

そしてエースストライカーとしての期待がかかっていたスターリッジ選手の度重なる怪我による離脱(来シーズンの開幕に間に合うかどうか…)


来シーズンは、良い意味でも悪い意味でも大きくチームが変わるシーズンになりそうです。

誰がエースストライカーになるのか? 誰が守備をしっかりコントロールするのか? そして誰がチームを引っ張り、チームをまとめ、チームをコントロールするのか?


このシーズンオフの期間中も、色々な選手の移籍に注目して、来シーズンの立て直しに期待したいです。


同じカテゴリー(サッカー)の記事画像
ロシアワールドカップ2018 出場32ヶ国決定
17-18イングランドプレミアリーグ リヴァプール試合日程発表!
リヴァプール、チャンピオンズ・リーグ出場権獲得!!
リヴァプール 念願のチャンピオンズリーグ出場なるか!!??
スティーブン・ジェラード 引退発表
レスターの躍進 岡崎慎司の活躍
同じカテゴリー(サッカー)の記事
 ロシアワールドカップ2018 出場32ヶ国決定 (2017-11-16 20:51)
 17-18イングランドプレミアリーグ リヴァプール試合日程発表! (2017-06-14 17:28)
 リヴァプール、チャンピオンズ・リーグ出場権獲得!! (2017-05-23 21:47)
 リヴァプール 念願のチャンピオンズリーグ出場なるか!!?? (2017-04-11 20:44)
 スティーブン・ジェラード 引退発表 (2016-11-26 20:43)
 レスターの躍進 岡崎慎司の活躍 (2016-02-10 20:53)

Posted by STAFFたくろー at 21:53│Comments(2)サッカー
この記事へのコメント
凄く男前な選手ですね
大きな動きもあったのですね❕
寂しい気持ちと不安と期待、色んな気持ちですね。
寂しいけれど現地で見られて良かったですね✨
Posted by りんちゃん at 2015年05月30日 18:21
りんちゃんさん>
いつもコメントありがとうございます♪
そうなんです!
すごく男前な選手なんです!!
彼より上手い選手は多くいるのですが、彼ほど人気があって頼られ慕われる選手はなかなかいません。
色んな気持ちが入り交じって、現地では感動しきりっぱなしでした。
Posted by STAFFたくろー at 2015年06月09日 11:51
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。